FC2ブログ

再編の幕開け

 2012-03-31
田中良紹の「国会探検」より

『再編の幕開け』
2012年3月31日 10:36
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/03/post_295.html#more


【野田内閣が消費増税法案を国会に提出した事で与党は分裂模様である。
それを見て嘆息する国民も多いと思うが、私はいよいよ政界再編の幕が上がったと思っている。


 話は2005年に遡る。郵政選挙に勝利して巨大与党となった自民党は、自公体制を磐石にして長期政権を敷くため、小沢一郎氏が主導して実現させた小選挙区制を中選挙区制に戻そうと考えた。


 絶頂期にあった小泉総理は中選挙区制の復活を公明党に約束する一方で、盟友である山崎拓氏に靖国問題で対極の立場を表明させ、民主党議員を巻き込んだ議員連盟を作らせた。
それは1993年に小沢一郎氏らが自民党から飛び出し、細川政権を作って以来の政治体制を終らせ、自民党が主導して新たな政治体制を作る動きに私には見えた。


 「2005年体制」と当時の学者はしきりに言った。
それによると、「55年体制」は冷戦構造の中で自民党長期政権を生み出したが、それを壊した小沢一郎氏ら自民党脱党組は日本政治に混乱をもたらした。
ところが05年総選挙によって自民党は再び巨大化し、小沢氏らの野党勢力を一掃した。
そこで自民党を基盤に二つの政党を作り、それが政権交代する新たな政治体制が出来ると言うのである。
それが実現すれば小泉氏は「日本政治中興の祖」になる筈であった。


 ところが構想は2年後に破綻する。
小泉後継の安倍政権が07年の参議院選挙で小沢一郎氏率いる民主党に敗れたからである。
勝利した小沢氏はしかし民主党が自民党に代わって政権を担える政党とは思っていなかった。
小沢氏が考えたのは自民党と民主党をいったん合体させ、その上で二つに分ける政界再編である。
それが福田総理との間で話し合われた「大連立」であった。


 「大連立」にはもう一つ目的があった。政党を二つに分ける前に、国家の基盤となる安全保障政策を同じにする事である。
それが出来れば二大政党による政権交代はよりスムーズになる。
だから小沢氏は福田総理に民主党の安保政策を飲むように迫り、福田総理も真剣にそれに応えようとした。
歴史に「イフ」はないのだが、あの時「大連立」が実現していれば日本は確実に変わっていた筈である。


 ともかく「大連立」は安保政策の転換と政界再編を実現しようとした。
しかし民主党内の反発で不発に終わり、09年の総選挙で民主党は政権交代を目指す事になる。
その選挙直前に「西松建設事件」が起きた。それがなければ小沢総理が誕生していた。


 現役の政治家の中で政府の中心にいて消費増税に取り組んだ経験を持つのは小沢一郎氏ただ一人である。
消費税増税の難しさを最も良く知っている。
増税の意義をいくら説明しても、国民は消費税が本当に国民生活のために使われるのかを疑っている。
自分にどれだけ利益になるかが分からない。


 そこで09年の民主党マニフェストは国民に直接利益を与える所から始まった。
その財源は行政の無駄を省く事で捻出する。
行政の無駄を省くためには官僚との壮絶な戦いが必要だが、それを最低4年間はやり抜く。
その上でいよいよ足りなくなればマニフェストでうたった政策をやめるか、消費税の値上げを認めてもらうかを選挙で国民に問う。
民主党マニフェストを私はそのように読んだ。


 一方で、野党に転じた自民党はひたすら民主党マニフェストを「バラマキ」と攻撃した。
そして民主党が財政均衡を守らない政党である事を印象付けるため、10%の消費増税を参議院選挙のマニフェストに入れた。
政策に責任を負わない野党だからこそ作れた選挙マニフェストである。
ところが民主党の菅総理がそれに抱きついた。財務省の圧力があったのか、アメリカの圧力があったのかは知らないが、09年の民主党マニフェストとは違う事を言い始めた。


 その頃私は「政界再編が準備されつつある」というブログを書いた。
メディアは菅総理の「脱小沢」ぶりを強調し、民主党の党内対立を面白がっていたが、私には民主党が党内に二つの潮流を作り、民主党が主導する形で再編を始めようとしているように見えた。
そしてその見方はその後も変わっていない。


 そこで野田政権の消費増税である。野田総理は「不退転の決意」を強調するが、実現させる方策を全く講じない。
そのくせ「今国会で成立させる」と事を急ぎ、しかもそれに「政治生命を賭ける」と言い切る。
本当に社会保障のために消費増税をやると言うのならそんな言い方をする必要は全くない。
無理矢理成立させようとすればするほど、逆効果となり成立は難しくなる。
野田総理は一生懸命に成立を難しくしているのである。


 野田総理の発言を私なりに解釈すると、長く総理をやらないという事である。
法案が通らなければ総辞職か解散しかないが、解散に打って出れば選挙で負けるのは必定で、どっちにしても総理を辞める事になる。
辞めずに済むのは自民党が野田政権に協力して法案が成立した場合だが、成立する前に選挙をすれば元の木阿弥になる。
選挙は増税が成立した後になり、そうなれば協力した自民党も選挙で勝つ見込みがなくなる。


 なぜなら「消費税より行政の無駄を省け」と主張する地方首長の勢力が選挙に出ようとしていて、国民の人気は圧倒的にそちらに向かう。
選挙になればその勢力と組む消費税反対派が選挙に勝利する可能性が高い。
困っているのは実は自民党だと私は思う。自民党の中も次第に一枚岩ではなくなる。
国民は民主党や国民新党の分裂模様に目を奪われているが、彼らはそれをあらかじめ計画してやっている可能性があるのである。


 誰も指摘しないのが不思議なのだが、実は消費税より重要な法案がある。
特例公債法案である。これが成立しないと予算は成立しても執行が出来なくなる。
「ねじれ」だから常識的には成立しない。去年はそれを成立させるために菅総理が退陣と引き換えにした。
今回も野田総理が自らの首を差し出すのか、それとも自民党と手を組んで切り抜けられるのか。
それもこの政局に絡んでくる。


 そして4月末の小沢裁判の判決次第で消費税政局の舞台はまた変わる。
このように消費税政局は、公債特例法案、行政改革、一票の格差と選挙制度、小沢裁判などと複雑に絡まりあいながら最終的には政界再編に向かって進んでいくのである。】
スポンサーサイト



誰が「権力の暴走」を止めるのか?

 2012-03-28
杉並からの情報発信です より

『誰が「権力の暴走」を止めるのか?』
2012-03-28 15:52:01
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/55bb4efd3d6d46ded69f7f15d1148e53

【ご承知のように今の日本は、政治権力だけでなく「あらゆる権力」が暴走しており、誰も止められない酷い状態に陥っています。


野田内閣と財務省は、2009年の民主党マニフェストに書かれていない消費税増税に前のめりとなり,国民の反対を無視して強行しようとしています。


野田内閣と経産省は、2009年の民主党マニフェストに書かれていないTPP参加の秘密交渉を各国と行い,国民の反対を無視して強行しようとしてい ます。


野田内閣と経産省と東電と原子力ムラは、福島第一原発の大爆発事故を「冷温停止」で収束したと大嘘をつき、放射能物質に高濃度に汚染された地域を20ミリシーベルトまで「除染」して住民を帰村させ「集団被曝」させようとしています。


野田内閣と環境省と東電は、「瓦礫の広域処理」と「除染」作業を巨額利権とし
て経団連結集の大企業へ利益誘導を計っています。


検察は、「特権・利権」の既存勢力の要請を受けて小沢一郎元民主党代表へのでっち上げ強制捜査を強行し、自らが起訴事実を立証出来なかった代わり に検察審会の審査委員を虚偽捜査報告書でだまして「強制起訴」させ小沢氏を刑事被告にして、有罪判決を出させ彼の「政治生命」の抹殺を図っています。


もしも4月26日の「小沢裁判」一審判決でで小沢一郎氏が「有罪」となれば、一連の検察の暴走が裁判所に「認定」されただけでなく、上記にあげた 「あらゆる権力の暴走」が加速されるでしょう。


大善東京地裁裁判長は、「小沢裁判」の公判で東京地検特捜部田検事が石川知裕秘書の供述調書と捜査報告書を捏造したことを認定して供述調書8通全てを証拠採用しませんでした。

それにも拘わらず大善裁判長は「公訴棄却」せず4月26日に「小沢裁判」の一審判決をだそうとしています。

日本の裁 判所は「法の支配」の原則をかなぐり捨てて「検察が証拠を捏造し起訴した裁判」を「合法
裁判」として認定し「有罪判決」を出そうしているのです。


本来であれば「権力の暴走」を止めるのは、メデイアです。


本来であれば「権力の暴走」を止めるのは、国会であり国会議員です。


本来であれば「権力の暴走」を止めるのは、裁判所です。


しかし今の日本では、メデイアも裁判所も「暴走を止める側」ではなく「暴走する側」に廻っています。


国会と国会議員は1億円以上の税金を享受する「特権・利権」階層の一員となっており、ほんの少数の国会議員以外は「権力の暴走」に対して「無作為」なのです。


「権力の暴走」を止める最後の勢力として残ったのは、自立した賢明な市民と良心的なメデアイ、国会議員、地方議員、裁判官、公務員となりました。


私達は「権力の暴走」を阻止するための市民組織「Stop!権力の暴走 国民大行動」実行委員会を立ち上げました。


この「権力の暴走」のターゲットにされ犠牲にされた政治家が小沢一郎民主党元代表です小沢一郎氏は、戦後の日本で一貫して「特権・利権」を享受してきた既存勢力を排除する為に2009年9月に戦後始めて本格的な「政権交代」を実現させた司令官でした。


小沢民主党政権誕生で特権・利権」を剥奪されるとの危機感を持った既存勢力は、東京地検特捜部に命じて「西松建設事件」と「陸山会事件」の強制捜査をでっち上げ、大手マスコミを使って「金権政治家小沢一郎」のイメージを国民に刷り込み、最高裁事務総局が管理する「検察審査会」を使って小沢氏を「強制起訴」させたのです。


「Stop!権力の暴走・国民大行動」実行委員会は、4月20日の文京シビックホールで
「4月20日「STOP!権力の暴走」国民大集会~小沢 一郎政治裁判の不当判決は許さない~」を
開催します。


実行委員会に結集する各市民組織や個人は、それまでの一ヶ月間に集会やシンポジュームやデモなど
様々な運動を展開する予定です。


スケジュールなどの情報は以下のHPでご覧下さい。


http://stop.jpn.org/?page_id=13


「Stop!権力の暴走・国民大行動」実行委員


●「Stop!権力の暴走 国民大行動」実行委員会協賛リスト

<共催市民団体>

日本一新の会。

小沢一郎議員を支援する会

小沢一郎支援デモ

陸山会事件 国策捜査・不当裁判糾弾デモ 東京

ネットメディアと主権在民を考える会

市民連帯の会

なにわ市民セミナー団

市民が訴える!「大阪宣言」の会

ツイートTV

街カフェTV

日本一新の会熊本準備会

志信会

火の玉応援団

日本一新の会オホーツク

日本一新の会なにわ

日本一新の会北海道

都一新の会

<協賛個人>

植草一秀

小沢遼子

二見伸明

三上 治

宮崎 学

矢野健一郎

<協賛ブロガー>

杉並からの情報発信です

日々坦々

まんがイラスト ぼうごなつこ

誰も通らない裏道

世相を斬る あいば達也

晴耕雨読

(終わり)】

緊急情報:二階堂ドットコム「モサドがアジア地域でのテロ注意報を出す!」

 2012-03-16
Kazumoto Iguchi's blog より

『緊急情報:二階堂ドットコム「モサドがアジア地域でのテロ注意報を出す!」』
2012年 03月 16日

http://quasimoto.exblog.jp/

【みなさん、こんにちは。

いまや全世界のお荷物、「マッチポンプ」、自作自演のモサドが変な情報を拡散中だという。以下のものらしい。


------------------------------------------------------------------------------------------------------
テロ情報

モサドのデブカファイルがアジア地域でのテロ注意報を出しています。明日から一週間位の期間です。 タイ・バンコク、マレーシア・クアラルンプール、インドネシア・ジャカルタ、バリ島、そしてなんと東京です。 ご注意下さい。
-----------------------------------------------------------------------------------------------



もちろん、真偽のほどは全く分からない。どこから得た情報かも分からない。しかしながら、3月20日に在日イスラエル大使館の閉鎖、米軍横田基地職員の休暇など、あまりに不審な情報と合わせると、あながち無視できないように見える。

まあ、NWOからすれば「今度はイルミナティーカードの何をお見舞いしましょうか?」というところだろう。

いまやモサドの呼び声高い、デーブ・スペクターの行動予定表にもなんと「3月20日」だけ仕事がない。


http://www.spector.co.jp/



2012.03.21(水)20:00-21:55
BSフジ「プライムニュース」
片山さつき 生出演

2012.03.25(日)9:54-11:30
TBSテレビ系列「サンデージャポン」
デーブ・スペクター レギュラー出演

2012.03.24(土)12:00-13:00
関西テレビ「たかじん胸いっぱい」
デーブ・スペクター 出演

2012.03.23(金)11:25-13:05
テレビ朝日系列「ワイドスクランブル」
デーブ・スペクター レギュラー出演
レギュラーコーナー「週刊Newスペクター」が面白い!!!

2012.03.22(木)21:00-22:48
TBS系列「私の何がイケないの?」
藤田紀子 ゲスト出演

2012.03.21(水)21:00-22:48
MBS系列「密着!芸能人の妻たち」
デーブ・スペクター 京子スペクター ゲスト出演
2012.03.21(水)8:00-9:54

フジテレビ系列「とくダネ!」
デーブ・スペクター レギュラー出演
「週刊タブロイドちゃんねる デーブ★インパクト」
レギュラーコーナーはマスコミも注目!

2012.03.19(月)
光文社「FLASH」
デーブ・スペクター コメント掲載
「震災特番について」

2012.03.18(日)9:54-11:30
TBSテレビ系列「サンデージャポン」
デーブ・スペクター レギュラー出演

2012.03.17(土)13:00-14:00
テレビ大阪「たかじんNOマネー」
デーブ・スペクター ゲスト出演

2012.03.16(金)11:25-13:05
テレビ朝日系列「ワイドスクランブル」
デーブ・スペクター レギュラー出演
レギュラーコーナー「週刊Newスペクター」が面白い!!!

2012.03.14(水)
「日刊スポーツ新聞」
デーブ・スペクターコメント掲載 橋下市長について】

【転載】アメリカ崩壊・デフォルト・FEMA発動の日が近い

 2012-03-14
ふるやの森 より

『【転載】アメリカ崩壊・デフォルト・FEMA発動の日が近い 』
2012-03-13 20:03:56
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/6e9d3bb903237f6d5c468bae92634e74

【皆様

http://www.news-us.jp/article/257374611.htmlを見てください。

3月20日に何かが起こる、という話です。

生活必需品の備蓄をしてください。

停電、断水、エネルギー供給不足などに備えてください。



たきより

「3月18日までに東京の横田基地の米軍は家族も一緒に帰国する」ような通達が出てるそうです。

ただならぬ出来事です。

家族も帰国とは完全な撤退です。

ここの全員が引き上げるとなると、アメリカ国内で何かが起こるからでしょう。
ホワイトハウスに。
アメリカオバマ大統領が、ハワイ生まれというのは偽の出生届けであったことが判明しました。それをアメリカ議会に提出する日が3月18日ではないでしょうか。
アメリカの大統領がその権利を剥奪されることは世界に衝撃が走るものと思います。

アメリカのFEMA(緊急事態管理庁)の動きが1ヶ月前から活発になってきました。FEMAは大統領権限よりも優先される権限を持ってます。これが遂に動き出したのですから、もう緊急事態なのです。大統領をも手が出せません。


アメリカの崩壊する日/Xデーは20日/その他 : ラミーコのブログ
http://blog.livedoor.jp/ayumi-and1/archives/3900862.html
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ラクダ103

Author:ラクダ103
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COOKPAD
クックパッド

楽天ブックス

楽天市場・サンテクダイレクト
USB-RGB/D2 USB接続でかんたんマルチディスプレイ!

アイ・オー・データ機器 USB接続外付グラフィックアダプター