FC2ブログ

2011年も、もうすぐ終わります。

 2011-12-31
今年は、3月11日の東日本大震災と福島第一原発の事故で、日本中が震え上がった1年でありました。

この大地震と大津波で、亡くなられた方々のご冥福を、あらためてお祈り申し上げます。


また、期待を掛けていました民主党政権も、マニフェストを守らず、震災地の復興も十分なものとは言えないような政策ばかりと取るようになってしまいました。

いつの間にか、消費税増税まで、推し進めようとしています。
これでは、日本人の消費行動は、冷え込むばかりです。
日本のデフレは、解消されることはないでしょうね。
本当に、歯がゆい思いをしています。

来年は、少しでも、良くなって欲しいと思っていますが・・・・。

さて、どうなることやら????




以下は、気になった記事です。


日本を守るのに見も左もない より
『 共同体社会の実現に向けて-15 ~実現論序4.統合階級の暴走で失われた40年(その4)~』
2011年12月30日
http://www.sayuu.net/blog/2011/12/002188.html#more


【■3.11原発事故以降激化した金融勢力の争い

今年3月11日東日本大震災が勃発した。巨大津波によって福島原発の予備電源が作動しなくなり、小爆発を繰り返した結果、多大な放射能を日本列島及び北半球に撒き散らした。その結果反原発、原発凍結の世論が世界的に燃え上がり、原発推進派に大きな打撃を与えた。

2008年頃より金融経済のゆきづまりから、欧州貴族、ロックフェラー、ロスチャイルドの金融勢力は最終決戦に突入している。原発推進の中心勢力はロスチャイルドであり、石油利権の主導権を握るのがロックフェラーである。従って、この大地震自体が地震兵器ないしは小核爆発を使った、ロックフェラーによる「人工地震」である疑いも濃厚である。

その真偽自体はともあれ、この大震災を契機に欧州貴族とロック、ロスチャの三つ巴の争いが一気に激化したのがこの2011年であった。




■ビンラディンの殺害

まず5月、9.11テロの主犯とされるウサマ・ビンラディンが「殺害」される。この事件は遺体さえ公開されないという非常に不透明なものであった。

9.11テロはネット界でも、その実行犯はCIAであり、アフガニスタンやイラクに攻め込むために、イスラム原理主義者のその責任を擦り付けた可能性が非常に高いといわれている。
そして、そのCIAの背後にいるのがロックフェラーである。
ウサマ・ビンラディンの父親とブッシュ一家は積年のビジネスパートナーであり、主犯格を演じたウサマの殺害を演じることによって、アフガン・イラクにおいて撤退を余儀なくされるアメリカの世論対策と事態の幕引きのための茶番劇である可能性が高い。

http://www.sayuu.net/blog/2011/05/001974.html

http://www.sayuu.net/blog/2011/05/001981.html


■ユーロ危機、アメリカデフォルト危機

続いて7月スペイン問題を契機にユーロ危機が作り出される。
このユーロ危機を演出したのがゴールドマン・サックスそしてその背後にいるロックフェラーである。
そしてほぼ同時期米国債発行高額の上限修正をめぐって米国債デフォルト危機が発生している。
つまり米国債暴落の危機を迎え、追い詰められたアメリカ(ロック)が、ドルの単独暴落を防ぐため、人為的に欧州危機を仕掛けた可能性が非常に高い。




■相次ぐ異常気象

そしてこの夏アメリカ・中国において大旱魃が起こる。また、タイにおいては大洪水が、日本においてはノロノロ台風による大水害が起こるなど異常気象が相次ぐ。

歴史的にこれほど相次いだ異常気象の前例は殆ど無い。

つまりこれも、追い詰められたロックフェラーが、食料高騰を狙い、ケム・トレイル等を使って人工的に引き起こした可能性も極めて高い。




■モナコ57カ国会議

係るロックフェラーの悪足掻きともいえる露骨な策謀のさなか、8月末 モナコにおいて首脳・経済閣僚等による57カ国会議が開催される。
この会議は、スイス政府の呼びかけfで、オランダ、ロシア、インド、中国、中南米諸国などによって開催され。
イギリス、日本、イタリア、ドイツなどのG7諸国および世銀、FRB関係者等は排除されている(英王室は参加)。

かつJロックフェラーこの会議に強引に参加しようとしたが追い返されている。明らかなる、ロックフェラーとその追随勢力に対する包囲網の形成である。

そしてこの会議の直後、スイス銀行によるユーロの無制限の買い支え策が発表される。

そして中国もヨーロッパ支援の態度を明らかにする。

この会議を主導したのは誰であろうか?開催国及び参加者の顔ぶれからみて欧州勢力がその中心であることは間違いない。しかしロスチャイルドに今それほどの力は無い。

従ってこの会議を主導したのは、英王室・バチカン・ベルギー・スイス・モナコ等に拠点を置く欧州貴族である可能性が非常に高い。欧州貴族は全面的にユーロ支援を打ち出すことで欧州通貨危機を先延ばしにし、大破局を先送りにする姿勢を鮮明にしたのである。

http://www.sayuu.net/blog/2011/09/002079.html

http://www.sayuu.net/blog/2011/10/002093.html



■ウォール街の反金融デモ拡大

そして10月ロックフェラーの拠点であるウォール街において、反金融デモが急拡大する。
そして反金融、反ロックフェラーの世論が高まる中、ロックフェラーのインド亡命と57ヶ国会議首脳によるロックフェラー捕縛説までネットには登場する。

このことの信憑性はともかくとしても、アメリカは「アラブの春」によって次々と中東の陣地を奪われ続け、イラクからも撤収を行なわざるを得なくなった。
またアメリカの裏庭である南米においても反米左派勢力の台頭によって後退を余儀なくされているなど、米ロックフェラーの支配力低下が明らかになっていく。




■日本にTPP参加を強要

そのような中11月突如、アメリカは日本に対してTPPへの参加を露骨に強要し始める。
経済協定を超え、日本の法律を有名無実にするTPPは、世界的に後退を続ける米ロックフェラーの最後の生命線としての位置づけを持っている。
目的は環太平洋の資源確保と日本への本社機能の移転であろう。
(リンク)だからこそTPP論争のさなかに、ロックフェラーJr、代理人キッシンジャーまで日本に乗り込んでくるほどの露骨な圧力を日本に対してかけたのであろう。

http://www.sayuu.net/blog/2011/11/002145.html



■ロシア下院選挙

12月絶大な人気と権力を保持し、議会において8割近くの勢力を占めていたはずのプーチン与党、「統一ロシア」が急速な反プーチン勢力の拡大によって、過半数ギリギリまで勢力を後退させる。
プーチンは反対勢力に対する強硬な逮捕など強権によってこの事態を乗り切ろうとしている。
この煽動はアメリカによるものであるとプーチンは述べる。
しかしそれは直ちに真に受けることが出来ない。今回ロシア議会において勢力を拡大させたのは共産党と社会民主主義系の公正ロシアであり、この両者に影響力が強いのは、基本的に欧州勢である。

従ってこのロシア情勢は、欧州貴族→ロスチャが仕掛けたものである公算が強い。
米ロックフェラーが絡んでいあるとしても、せいぜいロシアにおける主導権争いの一角を占める程度であろう。




■アメリカ・カナダを排除した中南米カリブ海諸国共同体が発足

同じく12月初旬、中南米とカリブ海の独立国33カ国は3日、ベネズエラの首都カラカスでの首脳会議で地域機構「中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)」の設立を表明する「カラカス宣言」を採択し、同共同体が正式に発足した。

これは米国主導の米州機構(OAS)と異なり米国とカナダを排除しているもので、米国を除く地域機構が発足することで、アメリカの裏庭と言われた中南米における米国の影響力の低下は必至となろう。

同地域では米国は反米政権が誕生するたびに、CIAが暗躍し、政権転覆計画やクーデターが画策されてきた(チリ、グアテマラ、パナマ、エルサルバドル、ニカラグア等)。
しかし現在、ベネズエラを初めとする反米左派政権の台頭と脱米政策に対してはほとんど手を打てていない。
その象徴が当共同体の発足である。

前述した57カ国会議においては米産複合体に融資する国際的な担保のアカウントのアクセスを使用することを約束したという情報もある。

このことはFRB(ロック・ロスチャ勢力の拠点)に代わる融資ルートを欧州貴族が確立したことを示す。
ロックが差配していた軍産複合体や、CIAも一枚岩ではなく、もはや分裂過程に入り、身動きが取れなくなっている可能性も高い。

以上より今年一年は2大金貸し勢力と欧州貴族の対立が極めて激化した一年であり、その戦いは欧州貴族が主導し、ロックフェラーが大きく支配力を後退させた結果に終わったと概観できるだろう。




■今後世界はどうなる

欧州貴族の狙いは、大きくは行過ぎた金融経済を縮小させ、暴走する金貸し勢力の力を削ぎ主導権を奪い返すことにある。
そして金融経済に代わって現物経済へと移行させることにその目的がある。
今年ロックフェラー包囲網を築きアラブ等への地歩を固めたのも、石油等の資源を確保し、それを裏づけとして新通貨を発行するとともに、今後の世界覇権の主導権を抑えることとに眼目がある。

その現物経済への移行には大きくは二つのシナリオを考えていると思われる。

一つは軟着陸(ソフトランディング)路線である。

これは金融経済を段階的に金融経済を縮小させ、現物経済への移行を図ろうとするものである。

その意味でまだ議論は端緒に付いたばかりだが、EUにおける金融取引税の導入に対する行く末が一つの注目点となる。これは一日に何度も取引をする為替取引のデイトレーダーのような投機的行為に対して、一定割合の税率をかけ、規制を図ろうというもの。
またEU通貨防衛の意味もある

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT804090020111207

またレバレッジ規制や巨大機関への監視の強化などが盛り込まれた新BIS規制(バーゼル3)金融経済の縮小監視を目的としたものであり、2013年度から導入を予定されているがどのような規制が導入されるか、その帰趨が注目される。

http://diamond.jp/articles/-/9559

それに対して、強硬路線(ハードランディング)は、米国始め先進国の国債を暴落させ、新通貨へのリセットを図ろうというもの。
そのトリガー(引き金)を欧州貴族が引くためには、一つは現物経済への急速な移行を図る必要があることから、世界の主要資源をほぼ把握することが条件になる。
その意味でさらに絞ればその条件は中東の資源をほぼ掌握すること、とりわけサウジをアメリカから引き剥がすこと、そしてロシアとアメリカと敵対的な関係に持ち込むことにある。

その意味で、サウジとイラン情勢及びロシアの政局が当面の焦点となるだろう。


逆に劣勢であるロックは、再度中東で反政府運動を組織することで、逆転を狙っている。
しかし特にロックフェラーにとって仮に暴落の引き金を引くとすれば、最大の懸念点はアメリカの秩序が維持される可能性が小さく、その矛先が金融支配勢力、つまり自らに向く可能性が高いということにある。
逆に言えば暴落過程での避難先の確保=日本への本社機能の移転に目処が付くことにあろう。


逆に欧州貴族やロックフェラーの思惑通りに事が運ばない可能性がある。
アラブ「民主化」によって親欧軍事政権を作りだしたものの、旧政権によって押さえ込まれていた、イスラム勢力が急速に政界に台頭し、議会で多数を占める可能性も高いからだ。
その場合は必ずしも欧州の支配下に入らず、民族主義的な政策を取る公算が高い。
だとすれば、暴落の引き金を引くことが出来ず軟着陸路線をとらざるを得ないことになるだろう。

同様に、日本において、彼らの策謀の一つ一つが明らかにされ、反国際金融資本の運動が起きれば同じくロックは軟着陸路線を取らざるを得なくなるだろう。
半年後にはTPPへの参加が問われることなる。
そのことが、国民的な反国際金融資本運動の出発点になる事を期待して来る2012年を迎えたい。】



スポンサーサイト



放射能には誰も勝てないし、戦うことは無謀だ

 2011-12-26
【【大地震警報・前兆緊急アラート】】 より

『放射能には誰も勝てないし、戦うことは無謀だ』
2011-12-26
http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/

【がんばろう福島、、もうすぐがんばろうニッポンとなるのです。

 超巨大地震発生のカウントダウンがスタートしています。


 あと、どれくらい時間が残されているかわかりませんが、それほど長い時間ではないことは確かです。


 今、放射能に勝てるだとか、放射能に負けるな、放射能なんて健康に悪くないというキチガイどもがウジムシノのごとく湧き出しています。はっきり言ってキチガイ以外の何者でもありません。


 ここで断言しますが、放射能には誰も勝つことはできないし、戦いを挑んでも無駄です。戦う時間とエネルギーがあるのであれば、少しでも遠くへ逃げることを強くお勧めします。


 私は福島第一原発から320キロ離れた八ヶ岳に住んでいますが、ここも、だんだん放射能に汚染され始めました。

私は金属アレルギーなのでわかるのですが、確実に放射性物質の量が多くなってきています。

体がチクチクして、日々の生活が苦しいです。チクチクするもとを計測すると0.58マイクロシーベルト/時間といった、とんでもない数値が計測されます。

たとえば、それは福島から送られてきた荷物であったり、軽井沢から来た知人にもらった品物であったりするのです。

もう、あらゆるところとあらゆる品物が汚染され始めていて、どうすることもできなくなりそうな気配です。

万が一、東北地方に震度6以上の地震が発生した場合には、間髪入れずに即刻遠くへ避難します。

テレビの報道など確認する必要もなく、即刻避難です。

私は沖縄へ行きます。

震度6で間違いなく4号機が崩壊しますので、ただちに遠くへ逃げることを強くお勧めします。】

東芝製3号機の重大疑惑

 2011-12-21
「ジャーナリスト同盟」通信 より

『本澤二郎の「日本の風景」(936)』
2011年12月21日
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51954715.html


【<東芝製3号機の重大疑惑>

 フランスのテレビ局解説委員によると、メルトダウンした福島原発の温度は3000度にも上昇した。

3000度に耐えられる金属があるだろうか。コンクリートは600度で溶ける。

12月20日夕に日本テレビが放送した番組で、海江田万里経済産業相(当時)は

「3号機のメルトダウンで、これは本当に大変なことになったと感じた」

と証言した。

当時、菅直人首相が東芝社長を呼び付けた理由も、謎も解けてくる。



 気になってネットで調べると、この東芝製原子炉・3号機の爆破の様子を世界のテレビは流していた。

市民が少しだけ関心を示せば確認できる。

1、2号機の爆破の様子と全く異なる。

正にピカドンである。

閃光が走ると、ドーンという爆破音が3度聞こえてくる。


 瞬間に黒っぽい灰色の煙、黒煙が上空に高く、高く舞い上がっている。

恐ろしい場面を日本のテレビはNHKを含めて公表しなかった。言論統制が行われていたのだ。

東電・政府・マスコミが一体となってメルトダウンを隠ぺい、嘘の情報を垂れ流していた。


 「パニックを恐れた」という口実は通用しない。

安全神話を3月14日の場面でも、その後、この事実を2か月も隠ぺいしていたのである。

驚くべき国民への背信・裏切り行為である。

東京地検特捜部はいまだ動かない。

恥を知れ、といいたい。




<核爆発だった>

 「YOU TUBE」というすごい情報網に、筆者などはあきれ返るばかりだ。

もはやいかなる権力者といえども、真実を隠すことは出来ない。

それをパソコンさえいじることが出来れば、容易に知りうるのである。


 中国の学生が「政府はネット規制をする。けしからん」と怒っていたが、現実は蓋をすることは出来ない。それは単なる気休めにすぎないことを、昨夜の「YOU TUBE」で確認した。


 1、2号機の燃料は二酸化ウランだが、3号機の燃料はプルトニウム加工燃料、いうところのMOX燃料である。素人は通常のウラン燃料である二酸化ウランと、プルトニウムとウランを混合したMOX燃料の違いがわからない。


 プルサーマルという原子力村で生まれた用語を用いているが、もっとも恐ろしい危険なプルサーマル原発なのだ。東芝はこれを大々的に宣伝までしてきているのだから、いまや裏目に出たことになる。


 水素爆発ではない。

「核爆発だ」と欧米の専門家は明言、それを「YOU TUBU」で確認出来る。

確認したのだ。

海江田発言がヒントとなった。

筆者にとって驚愕の新事実の発見である。

しかも、これを未だ日本の報道機関で確認できていない。

勇気ある報道機関は日本に存在していないのだ。国民を未だに欺いているのであろうか。

これこそが恐怖の社会ではないのか。




<欧米ジャーナリストは3号機に重大関心>

 東電の清水正孝社長は2010年10月26日に、プルサーマル原発が経済産業省による検査が終了したと公表、同時にその運転を開始したと宣言した。

「当社として初めてプルサーマルを本格的に開始したことになる」と大見えを切った。

東芝と東電の連携の成果を高らかに謳い上げている。

ネットで確認可能である。


 従来の二酸化ウラン型と異なる最新鋭であることを強調したのである。

54基から出る使用済み核燃料をフランスに持ち込んで再処理した、それこそ無尽蔵ともいえるMOX燃料使用原発を、東電と東芝は狂喜していたのだ。

東芝はこれを途上国に輸出するという夢を抱いていたのだ。


 それゆえにフランスをはじめとする欧米のジャーナリストは、3号機の行方に重大な関心を寄せて取材活動をしていた理由が判明する。

知らぬは日本の一般市民ばかりなのだった。


 チエルノブイリやスリーマイルと全然違う東芝原子炉が3号機だったのである。

原発担当の海江田経済産業相と菅首相が「首都圏に人が住めなくなる」と真っ青になった事情が読める。




<プルトニウム放出実態の究明を>

 プルトニウムの半減期は2万4000年だ。

しかも、セシウムなどに比べてはるかに猛毒である。

3号機の核爆発によるプルトニウムの大気への放出量はどれくらいなのか。

それがどこに飛来・付着したのか。首都圏でも見つかっている。

徹底した調査をしているとの情報を知らない。


 このプルトニウムの線量や場所は、未だ明らかではない。

放置しているのか、あえて検査をしていないのか。

東電の無責任・無能は明らかだが、同様に安全を売り込んで製造した東芝は、この重大で深刻なプルトニウム放出の行方について、この9か月間、何をしたのか。

こちらも何もかもが不透明である。


 政府はこの事態をどう認識、対応しているのか。

全く見えてこない。

それでいて収束宣言をした無責任きわまりない野田内閣、そして経済産業省・原子力・保安院である。


 亀井静香・国民新党代表が指摘するように、東電原発事故はM9の地震による大惨事だ。

人災である。

壮大な業務上過失事件である。

捜査をさせない政府・東電・東芝の正体はいずれ判明しようが、その罪もまた万死に値しよう。




<佐藤栄佐久知事逮捕理由も判明>

 捜査といえば、2006年に当時の佐藤栄佐久知事が、実弟の土地取引に関して逮捕された。

これまた国策捜査、ねつ造された事件である。鈴木宗男や小沢一郎の事件と同列であることが、いまや公然の秘密となっている。

 真実は佐藤知事がプルサーマル原発に反対をしたからである。

彼の勇気ある当たり前の判断に、霞が関と東電が怒り出し、彼らの後押しに東京地検特捜部が動いたものと断定できるだろう。

小沢事件で判明したことだが、最初に「有罪ありき」で捜査は進められる。

証拠はねつ造でもなんでもいい。

生み出すのだ。

それが有能な検察、国民からすると犯罪者集団であろう。


 今の福島県知事になってゴーサインが出た。

現福島県知事こそが、問題の3号機の核爆発にかかわっていたことになるのである。

そんな人物が一転して立場が逆になった。

福島県民のさらなる悲劇であろう。

 彼のもとで多くの県民が内外被曝に泣いている。

それが今後30年、40年と続くことになろう。

あえて指摘しておくべきだろう。




<東電女性職員殺しも>

渋谷で発生した東電女性職員の殺人事件も、いまや全貌が明らかになろうとしている。

彼女が原発に反対していたことと関係があったのだろう。

彼女の父親も東電内で反対していた。

東電は原発反対派を社内から一掃、社外からも一掃していたのであろう。

ゴロツキ独占企業だったのだ。

栄佐久知事の無念は推して知るべし、である。




<マスコミ・議会の責任>

 改めて問いたい。東芝3号機の核爆発の全容を明らかにしてもらいたい。

それへの対応をどうするのか。

人類の智恵を借りるほかないのだが、果たしてそれがあるのか?

全ての情報の開示を求めたい。

マスコミと議会の責任でもある。

2011年12月21日11時30分記】

International Premium 12/21 特別完全版 ベンジャミン・フルフォードが真相を!

 2011-12-21
YOUTUBE より

『International Premium 12/21 特別完全版 ベンジャミン・フルフォードが真相を! 』
http://www.youtube.com/watch?v=t3e8wyQzZ9o


【Uploaded by poppletelevision on Dec 20, 2011

今回は特別版としてベンジャミン・フルフォードが登場!!
あの監禁騒動の真相を激白!!
金正日死去の裏に隠されたこととは?】

必見「死んでもいい人間を集めてくれ」と東電!

 2011-12-16
東海アマ twitter より
http://twitter.com/#!/tokaiama

【 yosi_yosiyasu 吉田泰章  by tokaiama

必見「死んでもいい人間を集めてくれ」と東電! 
フクイチ作業員潜入取材をした、スズキトモヒコさんの海外記者向け会見。

http://bit.ly/uXqtiR 『ヤクザと原発』出版記念 @tokaiama

6 hours ago 】

緊急避難の勧め:プルトニウムが首都圏全域に飛散 今まで見たことのない鼻血を出している子供

 2011-12-12
大摩邇(おおまに) より

『緊急避難の勧め:プルトニウムが首都圏全域に飛散 今まで見たことのない鼻血を出している子供』
2011年12月11日22:50
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1618134.html#more


【阿修羅掲示板より
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/207.html<転載開始>
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 12 月 09 日 18:37:11: trv0OrkwFmReI

緊急事態です。プルトニウムが首都圏全域に飛び散っていました。米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)のデータから判明しました。スプーン1杯で1億人殺せる、悪魔の物質が福島県全域は当然として、放射能の雲に乗って首都圏全域にも飛び散っていました。子供達が鼻血を出したり、ひどい咳に悩んでいるのはこういうα線核種が舞い上がっているからです。何年も住み続ければ、長生きできないでしょう。

完全に首都圏は終わりました。ストロンチウムとプルトニウムが舞い上がる地で子育てすることは自殺行為です(ごく微量でも一生涯にわたる預託線量は白血病を発病させるのに十分です)。さっさと自宅を売却して西日本に避難した方がいいです。首都圏の人は、行政に対して「土壌中のプルトニウムの濃度を測定しろ」と圧力をかけている間に、死んでしまいます(行政が動くまでは何年もかかるでしょうから)。その間にどんどん吸い込んでしまいます。プルトニウムの年間摂取限度は0.052μgです―とっくに超えているでしょう。刻一刻、子供達に白血病が忍び寄ってきています。

神奈川県横須賀市泊町(Bq/kg)土壌中
Pu-236 2.72
Pu-241 2.08
Sr-89 -62.53
Sr-90 15.84
Sr-Total 7.29

静岡県御殿場市中畑(Bq/kg)土壌中
Pu-236 1.35
Sr-89 22.72
Sr-90 -9.51
Sr-Total 2.61

http://unitingforpeace.seesaa.net/article/239454169.html より

今まで見たこともないような鼻血を出している子供がいる
http://www.youtube.com/watch?v=ajlb0XONPeQ&feature=player_embedded


---------------その他-------------
http://twitter.com/irukatodouro 生まれ育った土地で野菜をたべ、ふつうにお米を食べ、少しの魚や肉を食べ、ふつうに外で遊び、裏山にのぼり、海で泳ぐ、人間の生き物としての当たり前の幸せを東電とそれを容認推進してきた官僚、政治家が奪いました。息をするのも水を飲むのも被ばくを心配しなければならなくなりました。

関東、大人は土ぼこりのグラウンドで運動なんかしない、一番呼吸からの被ばくの懸念があるのは、砂埃のグランドで運動させられる子どもたちです!子どもの被ばくが心配です。グラウンドの土壌分析と砂埃対策を!

御殿場でストロンチウムとかプルトニウム検出って、もうなんなのよ。政府ははっきり全部認めて、東日本じゅうのこどもを守れよ。グラウンドで土埃吸わせて体育やってるんだよ。いいの?私には考えらんない。】

吉田前所長は食道がん・・か?

 2011-12-10
超高層マンション スカイヲーカー より

『吉田前所長は食道がん・・か?』
2011年12月09日21:46
http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/


【「食道がんだったそうだ。福島第1原子力発電所の吉田昌郎前所長である。


福島第1原子力発電所の吉田昌郎前所長(11月12日)3月の震災以降、ともすれば大量の放射性物質をまき散らしかねない危機的な状況に陥った同発電所の現場をトップとして仕切って、ようやく先が見えてきた矢先、突然病気のため退任した。

11月半ばに健康診断を行ってから24日に入院するまでの早さからして相当に容態が悪いのではないかという不安が広がっていた。


本人の希望で病名が伏せられていたため、いくら東京電力が、病気は放射線とは関係がないとみられるとコメントしても、多くの人が何の病気だろう、ほんとに放射線の影響ではないのだろうか、いや何か隠しているに違いないと疑いが疑いを呼び、ネットでは、さまざまな臆測が飛び交っていた。


そのため現場にも不安が広がっていることを考慮して、9日、現場を訪れた吉田前所長が自ら病名を明らかにしたという。また前所長の被ばく量が内部・外部を合わせた累計で約70ミリシーベルトであったことも公表された。

原発事故直後に引き上げられた緊急時の被ばく量上限の250ミリシーベルトよりは、かなり少なく、通常の原発作業員の50ミリシーベルトという年間の上限は上回ったが、100ミリシーベルトという5年累計の上限は下回っていた。


東電が放射線医学総合研究所に確認したところ、食道がんは発症までの潜伏期間が5年以上もあるそうで、吉田前所長のがんが事故後の放射線被ばくによって発症したとは考えにくいという回答だったという

。被ばく量が100ミリシーベルト以上であると線量に比例してがんが増えるが、それ以下では放射線とがん発症の間に明確な関係はないという。

国際放射線防護委員会は、1000人が100ミリシーベルトの被ばくをすると、がんで亡くなる人が浴びなかった人たちと比べて5人増えると推定している。」


 吉田前所長は食道がんということにしておこうということなのか。

結果、食道がんでお亡くなりになりました、ということで幕引きにすれば都合がいいということなのかな。

食道がんということにすれば、放射線の影響があやふやに処理できると踏んだのだろうか。

何せ、「東京電力」の発表だから全く信用できない。

それに被ばく量が内部・外部を合わせた累計で約70ミリシーベルトであったという発表も、何せ「東京電力」によるもので全く信憑性に欠けるものであることはいうまでもないだろう。

少なくとも、私は「東京電力」のあらゆる発表に疑問だ。

信じられない。いや、むしろ、「東京電力」が発表すればするほど疑わしいと感じる。

「政府」や「東京電力」の大本営発表を信じろというほうがムリだ。

過去の歴史的事実に照らしても不可能というしかない。

信じろだなんて、無茶を言うなといいたい。】

郡山市の子供が月450マイクロシーベルト被曝したが楽観論一色

 2011-12-09
低気温のエクスタシーbyはなゆー より

『郡山市の子供が月450マイクロシーベルト被曝したが楽観論一色 』
2011年12月09日
http://alcyone.seesaa.net/


【※ これは10~11月の調査であることにも注意したい。



☆郡山市の子ども月450マイクロシーベルト
( 福島中央テレビ)

http://news24.jp/nnn/news8652863.html

http://backupurl.com/is27et

郡山市が、積算型の線量計を使って小中学生の外部被ばく量を調べたところ、最も高い子どもで月に450マイクロシーベルトだったことがわかった。

郡山市は、およそ2万5千人の小中学生に積算型の線量計を配り、先月5日からの1か月間、外部被ばく量を調べた。

その結果、平均では月に120マイクロシーベルトで、最も高い子どもで450マイクロシーベルトだった。

およそ7割の子どもが、国が目標とする年間1ミリシーベルトを超えて被ばくする計算になるが、市が依頼する4人のアドバイザーは、「子どもの健康に影響はない」と話しているという。


                ↓


884 名前:地震雷火事名無し(埼玉県)[sage]
投稿日:2011/12/09(金) 03:05:03.03 ID:Dco2qEs00 [6/6]

【被曝】郡山市の子ども月450マイクロシーベルト(積算型の線量計を使った使用した外部被曝調査)
http://savechild.net/archives/13441.html
アウアウ




886 名前:地震雷火事名無し(石川県)[sage]
投稿日:2011/12/09(金) 03:07:32.65 ID:efi+ENj/0 [31/38]
3月下旬に福島入りして計測した京大教授(推進)ですら
福島に住むことは大変危険だと言っていたからね。
人口が多いから避難区域にできなかったんだろう。



887 名前:地震雷火事名無し(神奈川県)[sage]
投稿日:2011/12/09(金) 03:07:49.96 ID:iYbWFwRe0 [19/20]
やるせない・・



894 名前:地震雷火事名無し(神奈川県)[sage]
投稿日:2011/12/09(金) 03:14:52.91 ID:hijNujBe0 [11/11]
外部被曝だけで年間5ミリ越えるな



895 名前:地震雷火事名無し(福岡県)[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 03:15:29.83 ID:F3KRgmzJ0 [3/6]
福島の子供これ本当に大丈夫なの?
経過観察したって本人のためになるのだろうか・・】

原発情報 粉ミルク、サバ缶について

 2011-12-07
黄金の金玉を知らないか? より

『原発情報 粉ミルク、サバ缶について』
2011/12/07(水) 09:28:40
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

【さて、本日もこういうニュースがありますたね。

------------------------------------------------

明治の粉ミルクから放射線セシウム…無償交換へ

meiji_step_images.jpg


・食品大手の明治(東京)は6日、製造、販売する缶入り粉ミルク「明治ステップ」
 (850グラム入り)から、最大で1キロ・グラムあたり30・8ベクレルの放射性セシウムを
 自社検査で検出したことを明らかにした。



 放射性セシウムを検出したのは春日部工場(埼玉県)で生産した賞味期限が 2012年10月4日、同21日、同22日、同24日の製品。

同社は製造過程で 東京電力福島第一原子力発電所事故で飛散した放射性セシウムが混入したとみており、賞味期限が12年10月の約40万缶を無償交換する。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000861-yom-soci

・国が定める粉ミルクの暫定基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。

 乳児は大人より放射性物質の影響を受けやすいとされ、厚労省は近く新たに
 「乳児用食品」の基準値を設定する方針を決めている。



 明治によると、セシウムが検出されたのは賞味期限が平成24年10月4日、同21日、
 同22日、同24日の製品。日付は缶の底に記されている。明治は国内の粉ミルク
 販売シェア約4割の最大手。(抜粋)

 http://sankei.jp.msn.com/life/news/111206/trd11120614260011-n1.htm

------------------------------------------------------------------------------------


まぁ、何を今さらの話で、前の前から明治乳業の粉ミルクはネット上で危ないと噂になっていますたよね。
サバ缶にも検出などというニュースもありますた。


-------------------------------------------------------------------------------------
http://news.livedoor.com/article/detail/6087737/

「晩酌の友」サバ缶からセシウムが検出

東日本大震災からすでに8カ月。福島第一原発はいまだ冷温停止状態には至らず、余震なのか、全国で地震が頻発する状況は変わっていない。



 そんな折、「缶詰からセシウム」という衝撃的なニュースが報じられた。環境保護団体グリーンピースが第三者機関を使って魚介類や加工食品計75点の放射性物質を検査した結果、27点から微量の放射性セシウムが検出されたのだ。

同団体・海洋生態系問題担当の花岡和佳男氏が語る。




「今回調査した全ての小売業者でセシウムが出てしまいました。
汚染された魚が広く流通されていることが明らかになったのです。
これからの季節に食べるマダラ、メバチなど冬の魚に多く検出されました」


 アピタ戸塚店(神奈川県)で販売されていた北海道産マダラの47・3ベクレル/キロをはじめ、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンなど大手小売りの商品から検出されたのだ。
これは国が定めた暫定基準値の500ベクレル/キロを大きく下回っており、“直ちに影響はない”レベルであるようだが、ホスメック・クリニックの三好基晴院長はこう警鐘を鳴らす。



「セシウム137は1ベクレルで0・013マイクロとしているが、これは信頼性が低く、正確な影響はわからない。数値は少しでも低いほうがいいとしか言えない」



 今回の調査結果の中で空恐ろしいのは、イオンいわき店(福島県)の「サバの水煮」から4・6ベクレル/キロのセシウムが出たこと。

切り身などの生鮮食品ではなく、調理・加工された缶詰から検出されたのだ。

“放射能オツマミ”はすでに大手流通網に乗っているのである。さらに三好院長が続ける。
-------------------------------------------------------------------------------------------


なんだかだんだんと食べるものも無くなって来ますたね。


放射能汚染もそうですが。
近々、巨大地震が来るとワタスや小林朝夫さん、他の方が何度も警告を発しています。


磁気がどうの、プレートがどうの、活断層がどうのいろんなデータを書いてはいますが本当はそれは後付けの理由です。


本当の根拠は完全に感覚、霊的なものです。


何だか全てが壊れて来た。もう皆さんは当たり前の感覚でそう感じないでしょうか。


目に見える映像に惑わされない人。我々の社会システムはまだちゃんと機能している、ちゃんとした社会を築いている。


そう言って、人々がどんなに着飾ろうが、装飾をほどこそうが、取り繕おうが目に見えない微妙な感覚を感じとってしまう人。現実に惑わされないで目に見える現実より感覚で感じる方を優先する人。


もうはっきりと分かるはずなのです。



今はもうブームは去ったのかも知れませんが、テレビでは大食い競争とか一時期流行ってた時期がありますたね。ギャル曽根さんとかなんとか。


外国人が不思議がっていましたが、何で日本のテレビは食べてる映像ばっかりなんだと。毎年、3万人が自ら命を断つような状況で、グルメ番組だとか食べ歩き番組だとか。


いまだにこの我々の社会システムというのは大量に残飯を捨てていますよね。


大量に同胞を見殺しにする。

大量に他の生物を食い散らかす。

大量にエネルギーを消費して地球を痛めつける。



こんな極悪で毒ばかり撒き散らすスカポンチンな生物に今後良い未来が待っている訳がないではないかと普通に思います。


3.11以降ちょっとは自分達の文明を省みるのではと思いましたが、またぞろ、前に戻ってしまった。


スカポンチンなお笑い番組、グルメ番組をやってケラケラと笑っています。


今のスカポンチンな状況を見るに、小難にできる時期は過ぎてしまったと感じています。



食べるものがなくなって来ている今の状況。

単純に、昔ながらの感覚。昔からの日本人が当たり前のように持っていた感覚が残っていれば、今の状況は単純に天罰だと言うのではないでしょうか。



最近、疎開村の対応で忙しくなってしまいますた。

ワタスには何の得にもならないのですが、地方の物件情報などを検索して張りつけています。

しかし、あんまり反応は良くないですね。

すぐには動こうとする人はなかなかいないようです。



本当はもう助かる人と助からない人の選別は終わっているのかもしれない。

漠然とですが今、そう感じています。

ワタスは疎開村というソーシャルネットワークサイトを立ち上げ、疎開希望者自身がお互いにコミュニケーションを図れる場所を用意した。

ワタスのできる範囲でやれることはやった。

後は自分達の力でやってもらうしかない。

だからあまり無理してもしょうがないのかなと思っています。】

明治乳業の粉ミルク「ステップ」からセシウム検出

 2011-12-06
戦争はなぜ起きるのか より

『明治乳業の粉ミルク「ステップ」からセシウム検出「あらかじめ計算された放射線による死」より引用』
2011年12月06日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/


【皆さん、原発事故以来、私が一番恐れていたひとつである、
乳児向け粉ミルクから放射性セシウムが検出されました。

製品は大手メーカーの明治。

しかも、政府やメーカー独自の検査ではなく、
消費者からの指摘によって汚染が明らかになりました。

そして、国は汚染値が1キログラムあたり30ベクレル程度なので、
回収は求めないと言っています。

今、テレビに国立食品研究所の人物が登場し、
「水で7倍くらいに薄められて飲まれるので、心配する必要はない」と言っている。


赤ん坊が放射性ミルクを飲んでも心配ないとは、
始めて耳にする言葉だが、
あなたは国が言っていることを信じられるだろうか。


消費者から指摘されるまで調査結果も公表してこなかったメーカー、
そのメーカーを取り締まるはずの国が、
「大丈夫。安心」だと言っている。

恐るべき国に変貌してしまったようだ。
チェンジ!政権交代!大阪都構想!

マスコミが騒ぎ立てるキャッチフレーズにろくなものはない。

最も信じられるものは自分の知識と感覚だけである。

あらゆる食品の汚染値を計測し、
インターネットで流すことが必要とされている。



--------------------------------------------------------------------------------------------------
以下は、消費者団体フードウオッチ(foodwatch)とIPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部のレポートからの引用です。


フクシマ後:食品の放射能制限値が十分に健康を保護しない ‒ フードウォッチとIPPNW、大幅な低減を要求 ‒ 放射能汚染食品の健康上のリスクレポートを公表
ベルリン、2011年9月20日


EUと日本の放射能汚染食品の放射能制限値は十分に健康を保護していません。

市民は不必要に高い健康上のリスクにさらされています。

消費者団体フードウォッチとIPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部が今日ベルリンで公表したレポート「あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の放射能汚染食品制限値」は、こういう結論に達しました。

レポートは、トーマス・デルゼー、セバスチャン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会)のスタディをペースにしています。


フードウォッチとIPPNW の考えでは、EUとドイツ連邦政府、日本政府は市民に対して、食品の放射能汚染により安全な制限値というものがないということに関して十分に情報を提供していません。

低線量放射線であっても、ガンなどの重い疾患を引き起こすには十分なので、低線量放射線には健康上のリスクがあるということです。

どの制限値を規定しようとも、それは死者が出ることを黙認する判断を下すということです。

国際放射線防護委員会の計算基準によりますと、EUは現在有効な制限値を使用することで、食品の放射能汚染の結果ガンによってドイツだけで年間約15万人の死者を新たに容認していることになります。

市民が制限値レベルで汚染された製品だけを摂取したと想定すると、こういう事態が起こります。

この制限値の5%しか汚染されていない食品を摂取するとしても、それでも依然としてドイツでは年間最低7,700人の死者が新たに出ることを容認することになります。

現在有効なEUのセシウムの制限値は、食品1キログラム当り200から600ベクレルです。

この制限値は、有効なドイツ法の基準に甚だしく矛盾しています。

ドイツ放射線防護令は、原発の平常運転時に個人に関して年間実効線量1ミリシーベルトの総被爆線量を認めています。
EU域内全域に適用される放射能制限値はそれに対して、大人で33ミリシーベルト、こどもと青少年で68ミリシーベルトの年間実効線量を容認しています。

チェルノブイリ事故の被害を受けた国であるベラルーシとウクライナでさえ、EUよりも厳しい制限値を規定しており、その結果、放射能で汚染されているので両国ではもう販売できない食品がEUでは合法的に販売できることになります。


放射能汚染のかなり低い食品が十分にあるので、こうした汚染の高い製品を人々に摂取させる必要性はありません。

フードウォッチとIPPNWはそのため、制限値を大幅に引き下げるよう要求します。

乳幼児用食品と乳製品に関しては、セシウムの制限値をこれまでの370(日本輸入品に対しては現在200)から8ベクレル/kgに、その他の食品に関しては600(日本輸入品に対しては現在500)から16ベクレル/kgに引き下げる。

われわれが要求した制限値は、ドイツ放射線防護令の基準に適合します。ドイツ放射線防護令の基準に従うと、放射線暴露(つまり、放射性物質が原発から大気中、水中に放出されること)から年間最大線量として0.3ミリシーベルトが認められています。

ほんの低線量であっても、制限値を規定することは放射線による犠牲者を黙認する判断をすることを知って、この要求を掲げています。

このことは同時に、原子力関連施設の運転継続と新設を疑問視する機会としなければなりません。



フードウォッチの事務局長ティロ・ボーデは、次のように説明します。


「EUと日本で有効な制限値は十分に不適切だ。

制限値は経済上の関心によるもので、市民を不必要に大きな健康上のリスクにさらしている。

人体への損傷を避ける準備原則と権利が規定されている欧州の基本法からすると、欧州政治には行動する義務がある。

欧州政治は市民に適切な保護レベルを保障するため、制限値を大幅に引き下げなければならない」



小児科医のヴィンフリード・アイゼンベルク博士(IPPNW)は、さらにこう付け加えます。

「放射能は生きている細胞を傷つける。

わずかな低線量でさえ、遺伝情報を変えたり、免疫性を損なったり、ガンを発症させたりする。

特にこどもと青少年にこういうことがいえる。

こどもが小さければ小さいほど、それだけ早く大きく成長し、それだけ多く細胞分裂が進み、それだけ放射線障害の危険が大きい。

胎児はその他の人間より何倍も放射線に敏感だ。

EUの放射線防護制限値は医師の目から見ると無責任である」



フードウォッチとIPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部は日本政府にも、残存期間の長いセシウム同位体の食品汚染制限値を大幅に引き下げるよう提言します。

ヨウ素131の汚染に関しては、われわれ二つの組織はまったく容認すべきではないと要求します。

半減期が比較的短いので、ヨウ素131で汚染された食品を人々に摂取させる必要もないし、摂取させてはなりません。

食品の中には、同位体が崩壊するまで(必要があれば冷凍して)保存され、その後に摂取してもよくなるものもたくさんあります。
---------------------------------------------------------------------------------------------




放射線に絶対安全な基準値などない、
経済的理由により一定のリスクを伴う基準値を設けているというが、
それすら過去の指標であって、
今では人間を殺すための基準となっている。


福島原発が爆発したとき、
御用学者たちが「癌のリスクが1%高まっただけ」と言っていたが、
私は1%でも120万人以上が死ぬことになると指摘してきた。


それでも「心配ない」という政府。

原発事故にあってもろくな保証もなく、
義捐金を受け取れば生活保護は打ち切られ、
増税や年金の引き上げによって国民生活を疲弊させるであろう民主党という悪党が、
放射線の入った粉ミルクの販売を容認しているのであった。】

満月・皆既月食、12月10日(土)。

 2011-12-04
月齢カレンダー より
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm


東海アマtwitter より
http://twitter.com/#!/tokaiama

【 tokaiama このメディアは取扱いに注意を要すると

これはM9発生のトリガーになるかもしれない

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000342-yom-sci

3 hours ago 】



YAHOO!ニュース より
『皆既月食、10日深夜に…全国で観測可能』
読売新聞 12月3日(土)17時59分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000342-yom-sci

【月が地球の影に隠れる「皆既月食」が10日深夜に全国で見られる。

 国立天文台によると、月食は午後9時45分に始まり、翌11日午前1時18分に終わる。

月が完全に隠れた状態は10日午後11時5分から約50分続く。

関東地方では南の方角の高い空で観察できる。

日本各地で皆既月食の全てを観測できるのは2000年7月以来となる。 】

千葉でも三連発人工地震。

 2011-12-03
日本気象協会tenki.jp より
http://tenki.jp/earthquake/

【http://tenki.jp/earthquake/detail-9134.html
 
 発生時刻 12月3日 5時55分
 震源地 千葉県南部
 位置 緯度 北緯35.3度
 経度 東経140.4度
 震源 マグニチュード M5.2
 深さ 約20km 】


【http://tenki.jp/earthquake/detail-9135.html

 発生時刻 12月3日 6時3分
 震源地 千葉県南部
 位置 緯度 北緯35.3度
 経度 東経140.4度
 震源 マグニチュード M4.4
 深さ 約30km 】


【http://tenki.jp/earthquake/detail-9136.html

 発生時刻 12月3日 6時41分
 震源地 千葉県南部
 位置 緯度 北緯35.3度
 経度 東経140.4度
 震源 マグニチュード M3.3
 深さ 約20km 】



遠隔霊視と宇宙のネットワーク より
『千葉でも三連発人工地震 』
2011/12/3(土) 午前 7:35
http://blogs.yahoo.co.jp/rocket_bus_company/65303952.html

【■ 現在のアラスカHAARP情報: 小規模の気象操作極超低周波が発信されています。

http://www.haarp.alaska.edu/haarp/data.html





おはようございます。そろそろ起きようかな?と思っていた、けさ5時55分(ゾロ目です)、地底からドカーン! という爆発があって、それから震度4で揺れました。

直後に嫁とも話しましたが、あれは明らかに「爆発」です。

自然地震ではない。ニュースではマグニチュード5.2、震源の深さ20キロと言っていましたが、USGS(アメリカ地質調査所)では17.5キロと発表されていました。

その後6時3分と6時41分に全く同じ場所でそれぞれマグニチュード4.4と3.3のゾロ目地震。これまた三連発です。





これまでは、震源の深さ10キロのものだけを人工地震と言ってきましたが、考えを改めないといけないかもしれません。

つまり、これまでは深海掘削船「ちきゅう」等の、上から掘るやり方で、最大10キロまで掘り進み、核爆弾を仕掛けるという方法が取られてきたと思います。

しかし、もしかすると先日のアレックス・コリアー氏の指摘のように、ドラコニアンやレプティリアン(爬虫類型の宇宙人)が地底深くに基地を持っているとしたら、今度は「下から掘り上げる」方式で人工地震を起こすことも可能になるでしょう。

荒唐無稽な推理に聞こえるかもしれませんが、地底基地が存在しているとすれば、決して不可能ではないはずです。人工地震の無力化は、レギュラーオペで続けていかなければなりませんね。】

「卑猥な」発言を巡って防衛局長は更迭されたが:本質は言葉上の問題ではない。

 2011-12-02
いかりや爆氏の毒独日記 より

『「卑猥な」発言を巡って防衛局長は更迭されたが:本質は言葉上の問題ではない』
2011-12-02 16:53:34
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax

【通りがけ:

維新は今も昔も不平等条約の破棄から。

「治外法権を無資格で偽装悪用する国家反逆罪犯罪組織霞ヶ関を地位協定破棄して徹底断罪解体せよ」



いかりや:

 防衛省の田中聡沖縄防衛局長の不適切な「卑猥な」発言を巡ってメディアは大騒ぎ。

 同局長は更迭されたが、一方一川保夫防衛相の監督責任は免れないとして、自公は今国会に問責決議案を提出する方向で調整に入った。自公が参院に提出すれば可決する可能性が高いとみられている。

 

 問題の本質は、表面的な言葉上の問題でもなければ、人事の問題でもない、沖縄に米軍基地が必要かどうかの問題である。

 沖縄に限らず、日本に米軍基地が必要かどうかである。筆者は「自国の防衛は自国で守るが原則」であると思っている、これなくして日本の真の独立はあり得ない。

 そうすれば、地位協定という不平等条約も必要なくなるので、地位協定運用改善とか協定の抜本的な見直しに向けて取り組む必要もない。

 戦後66年経過「日本はいつまでアメリカに占領され続けるのか」、「自国の防衛は自国で守るが原則」を国民に問いかけ、「核武装論、核抑止論」問題も含めてアメリカに突きつける首相が出てきそうもないのが情けない。



参考:

原発と核武装論(続き):西部邁氏・伊藤貫氏の核抑止力論はほんものか?
2011-05-22
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/d/20110522


原発と核武装論(続き):核抑止力論はほんもの?まがい物?どっちなんだ! 
2011-05-20
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/d/20110520】

速報!【吉田昌郎元・福島第一原発所長(56)危篤状態のようだ】

 2011-12-02
神田香織twitter より

http://twitter.com/#!/kandakaori

『prisonopera Sarah Yamasaki 山崎淑子 
by kandakaori

速報!【吉田昌郎元・福島第一原発所長(56)危篤状態のようだ】

東京電力・福島第一原発元所長、高放射能に因る甲状腺癌の疑いが濃厚!

29日昼ごろ、吉田昌郎所長(56)が病室で大量吐血したと東大附属病院院長・門脇孝氏(65)が発表
enzai.9-11.jp/?p=9413  拡散宜しく!

1 Dec 』

核燃料露出まで1・5メートル 福島4号機プールの水位低下

 2011-12-02
北海道新聞 より
『核燃料露出まで1・5メートル 福島4号機プールの水位低下』
(12/02 09:19)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/335350.html

【東電福島第1原発事故で、冷却機能を失った使用済み核燃料プールでは燃料の熱で水が蒸発、発熱量が多い4号機では水位が5・5メートル低下し、燃料の上端から1・5メートルに迫っていたとの評価結果を東電がまとめたことが1日、分かった。


 水位低下は3月11日の事故発生後、4月20日すぎまで1カ月以上続き、燃料が露出する寸前の状態になった。22~27日に930トンを集中的に注水して満水状態に戻したが、東電が作成したグラフでは、この注水がなければ5月初めに燃料が露出していたと読み取れる。


 燃料は露出が続くと溶け、放射性物質が環境中に放出される恐れがある。】



東海アマtwitter より
http://twitter.com/#!/tokaiama

【tokaiama このメディアは取扱いに注意を要すると

やはり今日の情報、4号炉プールが危ない!

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/335350.html

4 hours ago 】

おお吉田所長がメルトダウンの原因? 死人に口なしを狙うのか?

 2011-12-02
東海アマtwitter より

http://twitter.com/#!/tokaiama

【tokaiama このメディアは取扱いに注意を要すると

おお吉田所長がメルトダウンの原因? 死人に口なしを狙うのか?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111202/k10014352111000.html

8 minutes ago 】



NHKニュース より

『非常用冷却装置 稼働と誤認識』
12月2日 4時31分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111202/k10014352111000.html


【東京電力がみずから行った、福島第一原子力発電所の事故調査の中間報告で、事故発生日の夕方、1号機で唯一稼働できる非常用の冷却装置を、運転員の判断で停止したのに、所長らは、深夜まで、冷却装置が動いていると誤って認識していたことが分かりました。

安全上重要な情報を共有できなかったことが、事故対応の遅れにつながった可能性があり、詳しい解明が求められます。



福島第一原発の中で最も早く深刻な事態に陥った1号機では、事故が起きた3月11日の午後6時すぎ、電源が失われても蒸気を利用して原子炉を冷却できる「非常用復水器」という装置を、現場の中央制御室にいた運転員がいったん動かしたにもかかわらず、すぐに停止させたことが分かっています。

ところが、事故対応の指揮を執っていた、当時の吉田昌郎所長ら幹部がいる免震棟や、東京電力本店では、深夜まで、冷却装置は動いていると誤った認識を持っていたことが、東京電力の事故調査の中間報告で分かりました。誤った認識を持った理由について、中間報告では、原子炉の水位が燃料よりも上にあるというデータが水位計で得られたためとしています。

水位計は当時、正しい値を測れなくなっていたとみられ、誤った情報を基に、誤った認識をしていた可能性があります。

東京電力の解析では、1号機は、最も早いケースで、地震発生の4時間後の午後7時ごろには、水面から露出した燃料の損傷が始まったと推定され、その後、大量の水素が発生して、翌12日に水素爆発を起こしています。

中間報告によりますと、所長らが燃料の損傷の可能性を初めて認識したのは、地震発生から8時間以上たった午後11時ごろ、原子炉建屋の放射線量の上昇を把握してからで、安全上重要な冷却装置の稼働状況を、運転員と幹部との間で共有できなかったことは、事故対応の遅れにつながった可能性があり、詳しい解明が求められます。

東京電力の事故調査の中間報告は、2日午後、公表されます。】

吉田所長大量吐血。

 2011-12-02
超高層マンション スカイヲーカー より

『吉田所長大量吐血』
2011年12月01日14:55
http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/


【「吉田所長大量吐血 広がる被曝への不安 29日昼ごろ、吉田昌郎所長(56)は病室で大量の吐血したことを東大付属病院が発表した。
現在、集中治療室での治療にあたっている。これを受け、東大附属病院院長門脇孝(65)は、病名は本人の希望で非公表とし、原発作業での被曝の因果関係はないと話した。」


「東大付属病院の集中治療室に現在入院中の吉田昌郎・東京電力・福島第一原発元所長の病状は重篤で、症状から(大量吐血)、甲状腺ガンまたは白血病が疑われています。現時点で東電本社は「個人情報」として、病名・病状については未発表のままです。」



 この吉田所長が実際に癌なのか急性の白血病なのかはわからないが、原発事故に関わる重要情報を有する人物だけに抹殺したいという権力の意向が存在することが疑われるね。

オウム真理教の麻原同様に、この世に正常な姿で存在してもらっちゃあ困るんだね。

麻原だって、正常な状態で拘置所でメシを食わせて飼育するワケにはいかないだろう。

裁判でホントのことをベラベラしゃべられたら何のために証拠物件になる第7サティアンをぶっ壊して大急ぎで更地にしたのか無意味になってしまうからね。

さっさと死刑執行してこの世から早々に抹殺したいということに関しては同様だろう。

福島原発大爆破作戦も同様に重要な証拠は隠蔽する必要があることはいうまでもない。

「権力」にとっては吉田所長の存在は危険なんだろう。

http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/plant/1/plant-1-3.pdf】

イスラエルがイラン核施設を”先制”攻撃!:第三次世界大戦勃発か?

 2011-12-01
Kazumoto Iguchi's blog より

『イスラエルがイラン核施設を”先制”攻撃!:第三次世界大戦勃発か?』
2011年 11月 30日
http://quasimoto.exblog.jp/

【みなさん、こんにちは。

いやはや、ついに来た〜〜〜! イスラエルが公然とイランの原子炉を”先制”攻撃したようである。文字通りの「第三次世界大戦」勃発である。


3 ATTACK ON IRAN NUCLEAR PLANT IN 2011 ( US ISRAEL AGGRESSION )
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=WjXsFq79FNk


イギリスはこれを知っていたのか(まあ、当然知っていたはずだが)、イラン国内の英大使館を突然の閉鎖。つい先日、イラン人による英大使館への攻撃があったばかりである。これぞマッチポンプ。自分で火を付けて相手のせいにして逃げる口上を作り出し、仲間に攻撃の正当性を主張するという、2枚舌3枚舌のイギリス外交の基本中の基本というやつですナ。



--------------------------------------------------------------------------------------------------
英国、在テヘラン大使館閉鎖…全職員退去

【ロンドン=大内佐紀】イランの首都テヘランで29日に起きた英国大使館乱入事件で、ヘイグ英外相は30日、英議会で証言し、在テヘラン大使館を閉鎖し、全職員をイランから退去させると表明した。
 同時に、イラン政府に対し、在ロンドンのイラン大使館を即時に閉鎖するよう通告したことも明らかにした。
 イラン大使館職員には48時間以内の退去を求めた。英イラン関係は、過去最悪の状況となり、イランと欧米諸国との一層の関係悪化は避けられない見通しとなった。
 外相は議会で、両国関係について「断交」までは行かないとしたが、両国関係を「最小限に縮小する」と強調した。
 これに先立ち、キャメロン英首相は29日、事件について「イランが英政府の職員や資産を保護しなかったことは恥ずべきことだ」と述べた上で、「数日内にしかるべき対応策を講じる」と警告していた。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------




ユダヤ・ロスチャイルドのイギリスはやはりユダヤの味方だということを証明してしている。アメリカも同じである。

これに対して、ロシアと中国はイラン・シリアを支持している。先日のネドベージェフ大統領の演説

日本には「TPP」の危機、世界には「WW3」の危機迫る!


Заявление о ситуации вокруг европейской ПРО
http://www.youtube.com/watch?v=eBf0I-rB0m0&feature=player_embedded



と同様に、中国もイスラエルとNATOに警告を発したばかりである。


"China will not hesitate to protect Iran even with a third World War" Major General Zhang Zhaozhong
http://www.youtube.com/watch?v=dPjxeyG-Ztw&feature=player_embedded


これによれば、中国はたとえ第三次世界大戦になったとしてもイランを守ることに躊躇しないと中国軍の将軍が明言したと言っているのである。


はたして「目には目を、歯には歯を」のイスラム教の国民が、どう出るのか? 確実に報復行為をするだろうが、それはどんな形になるのか? これにより、本格的な核戦争の始まりになるのかどうかが決まるだろう。


いずれにせよ、アングロサクソンという名のユダヤ人は、「アングロサクソン・ミッション」の計画を早急に押し進めるつもりのようである。


我々もどこかに穴掘って食料備蓄しないといけないだろう。近くにに旧日本軍の防空壕や洞窟などがある場所の人は、ぜひそういう中で過ごすことができるような設備を太陽光パネルなども設置して、準備しておくことが望ましいだろうヨ。


ついに本当に世も末である。覚悟しなくてはならないときが来たようですナ。】

地震危険日は、12/10~12/17TO

 2011-12-01
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ラクダ103

Author:ラクダ103
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COOKPAD
クックパッド

楽天ブックス

楽天市場・サンテクダイレクト
USB-RGB/D2 USB接続でかんたんマルチディスプレイ!

アイ・オー・データ機器 USB接続外付グラフィックアダプター