FC2ブログ

オスプレイの仮想敵は日本国民

 2012-07-24
陽光堂主人の読書日記 より

『オスプレイの仮想敵は日本国民』
http://yokodo999.blog104.fc2.com/


【7月20日付のオスプレイに関する記事について、本日批判的なコメントを頂きました。
コメント欄で返事をすればよいのですが、長くなりそうなので記事として扱わせて頂きます。


 匿名のそのコメントによると、

「オスプレイ配備するのは中国の軍事力に対する牽制。そもそも在日米軍がいることで中国、ロシアなどとの均衡が取れている」

そうです。

産経新聞などでよく見られる主張で、一々反論するのもどうかなと思いましたが、職業工作員による罵倒非難ではないので、当ブログの考えを説明します。


 その方の主張は要するに、米軍がいるから日本は守られており、オスプレイ配備などに反対して日米安保が解消になったら、中露に占領されてしまうから反対すべきではない、ということのようです。


 勢力均衡の観点から言えば、確かに米軍が駐留していることにより均衡が保たれていると言えます。
しかしそれでは、軍事占領されている状態を是とすることになります。
それは、奴隷の平和に外なりません。


 それに、安保条約では他国が日本に侵攻してきた場合、防衛の任に当たるのは自衛隊の役割とされています。
米国は、状況により助太刀してくれるに過ぎず、全く当てになりません。
(米軍基地が攻撃された場合は別です)


 米軍が日本に基地を置いているのは米国の都合であり、日本人を守るためではありません。
日本を守るためというのは建前に過ぎず、そんなことを信じている人は余程ナイーブな人です。
日米安保の有効性を訴える人は殆どが確信犯で、既得権益を守ろうとしているに過ぎません。


 この国の支配者たちは敗戦以来、米国と癒着して権力を維持してきました。
その権力の源泉は米軍ですから、政治家も官僚も、莫大な駐留費を負担してまで基地の維持を図っているのです。
こんな馬鹿な話はありません。


 米軍は駐留していたフィリピンから撤退しましたが、何故撤退したのかと言えば、基地の使用料の支払いがかさんだからです。
米国の都合で基地を置かせてもらっているのですから、使用料を払うのが当然なのです。
駐留費を負担する日本が如何に異常か、これで判ります。


 米軍など要らないと言うと、「それならお前は日本が中国やロシアに占領されてもよいのか」と逆襲されてしまいますが、今の中露には、日本列島に上陸して占領するだけの戦力はありません。
元寇でも実証されましたが、渡海して占領するのは大変なのです。


 ミサイルを撃ち込まれたら終わりですが、これは米軍がいても同じことです。
多弾頭ミサイルの迎撃はできませんから。
現実的に起きるとしたら局地戦ですが(実際はそれすら起きないと思いますが)、帝国主義時代ならともかく、現代では考えにくい事態です。


 そもそも戦争は、必然性があって起きるものです。
天災と違って、あるとき突然に敵が攻めてくるなんてことはありません。
長い政府間交渉があって、外交の延長として戦争が起きるのですから、充分に予測可能です。


 グローバル時代の今、中国は共産主義をかなぐり捨て、市場経済に移行して繁栄を築き上げています。
中国には日米欧の企業が進出し、貿易も盛んです。
ロシアは、遂にWTOに加盟することになりました。こういう状態で、中露が軍事侵攻してくるから米軍は必要だなどと言うのは、イカサマの冷戦も既に終わっているのですから、思考回路が古過ぎます。


 日本を支配下に置こうとしたら、中露は面倒な軍事占領などせず、ソフトな間接支配の方を選ぶでしょう。米国が実行しているように、日本人をおだてて上がりを掠め取った方が利口です。


 米国が日本を軍事占領しているのは、原爆投下の恨みをいつか晴らされるのではないかと怖れているからです。いわゆる「ビンの蓋」というやつです。
中露にはそうした負い目がありませんから、別に無理に軍事占領する必要もないわけです。


 オスプレイは海兵隊の大型輸送機ですが、攻撃力も備えています。
海兵隊の役割は、敵前上陸して橋頭堡を築くことにありますから、海兵隊が駐留していることで却って周辺国に警戒感を抱かせてしまいます。
オスプレイの配備が、我国の安全に寄与するとは思えません。


 オスプレイの低空飛行訓練として7コースが予定されていますが、その一つが「ブラウンルート」で、別名「エノラゲイ・コース」とも呼ばれています。
原爆投下コースを飛行するもので、これは日本人に対する嫌がらせ以外の何物でもありません。


 そして重要なのは、オスプレイはゲリラ戦を想定して導入されたもので、今回の配備は日本国民に対する威嚇の意味が込められていることです。
つまり、米国は、日本人相手のゲリラ戦を想定しているのです。
この点は、板垣英憲氏が指摘しています。


 考えても見て下さい。150メートルの超低空を爆音とともに飛行するわけですから、米軍を怖れさせる効果は充分です。
「米国や隷従する日本政府に楯突いたらどうなるか解っているな!」というわけです。
いやはや、何とも大変な「トモダチ」です。


 米軍は普段でも、我国の民間機を標的として軍事訓練を行なっていますから、彼らにとってはどうということのない話ですが、仮想的とされた国民は堪りません。
日航ジャンボ機の御巣鷹山事故も、一説によると、米軍のミサイル誤射が原因だと言われています。


 オスプレイの配備はもちろん、米軍基地の存在も擁護できませんが、これは一般国民の立場に立った場合で、既得権益層とって米軍はなくてはならないものです。
コメントされた方がもし既得権益層でないならば、一考されることを期待します。】



スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ラクダ103

Author:ラクダ103
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COOKPAD
クックパッド

楽天ブックス

楽天市場・サンテクダイレクト
USB-RGB/D2 USB接続でかんたんマルチディスプレイ!

アイ・オー・データ機器 USB接続外付グラフィックアダプター